「爆笑マジックライブ@古民家カフェ」開催報告

沙門零 爆笑マジックライブ@古民家カフェ7月17日(祝)、「隠れ家ギャラリーえん」さんに於いて「爆笑マジックライブ@古民家カフェ」を開催しました。出演は自称「おちゃめな謎の東洋人」沙門零さん。はるばる東洋のドコか(関西)からお越しいただきました。

当日会場に到着すると、予約数を確認して会場の様子を見るや否や、その日のプログラムをぱぱっと頭のなかで組み立ててしまった様子。得意ネタの「米」をリクエストすると、それも組み込んでくださいました。

続いて「えん」のスタッフさんと相談しつつ、客席の配置を考えます。進行役の私(武藤)が仕切るべきところですが、受付の準備をしつつモタモタしているウチにすっかりでき上がってしまいました。「えん」さんでは様々なライブイベントを頻繁に行っているので、会場作りは慣れていらっしゃるようです。「えん」のスタッフさんの見事な采配で、どの席からも見やすい客席が30余り設えられました。

やんちゃなお子様の扱いもお手の物

ショウは間に1時間ほど交流会の時間挟み、前後半に分かれています。

前半、軽快な音楽とともにパフォーマンスが始まる…と思いきや、スピーカーの置き方が悪かったのか、上手くBGMが流れ出しません…。そんなトラブルもギャグに変えつつ、前半の30分はあっという間に過ぎて行きました。

お客様から頂いた感想で最も多かったのが、「トークが楽しい」ということ。日本人の観客の多くは「タネを見破る」ことに注力してマジックを観賞する方が多く、マジックの現象のみを見て「見破れなかった」「不思議だった」と満足してしまうことが多いように感じるのですが、沙門さんは絶妙な語りでも観客の心を大いに惹きつけるので、観客は「見破る」ことをついつい忘れてしまいがち(手練の技を素人さんが見破るのは、そもそも無理なんですけどね)。そしてただただ「楽しかった」という感想が残るばかり。とはいえ、愉快なトークで誤魔化しているわけではなく、高度なテクニックに裏打ちされてこそのパフォーマンスであるのも事実です。

さて。そんな沙門さんのお話上手の尻馬に乗ったかのような形で、前後半のパフォーマンスの終わりに沙門さんと私の「漫才」が始まってしまいます。イエ、私はごく普通に必要事項をしゃべっていただけなのですが、それを沙門さんがいちいち拾ってツッコミを入れるので、漫才のように見えただけなのですよ。平凡な進行のグダグダなしゃべりを漫才に変えてしまう、恐るべき関西人の習性です…。きっとボケた発言を聞いたら突っ込まずにいられないんでしょうね。

蚊取り線香がまっすぐに伸びたものをお客様の腕に。

獅子舞ウォッチング」にご出演頂いたひろさんに「マジシャン」になっていただく

後半は、前半よりやや短め。ルイ・アームストロングの「What a wonderful world」をBGMに、4つに千切ったカードがつながって1枚のカードに戻ってしまう、というおしゃれな雰囲気のトリネタで美しく終了…のはずだったのですが、進行役の私がついウッカリ皆さんの心を代弁してしまって「アンコールとか、ないんですか」と口走ってしまいます。これは、かなりの無茶振りだったみたいですね(^_^;) カードの復活がトリネタだとは打ち合わせの段階で聞いていたのです。スミマセン。

とはいえ、きちんと得意のネタをいくつか披露し、綺麗にまとめて終わってくださいました。

実は「マジックを目の前で見たことがない」方は意外と多く、今回も「初めてなのでとても楽しみ」とおっしゃっていた方が何人もいらっしゃいます。目の前で、パフォーマーの息遣いを感じながら見るのがとても面白く、パフォーマーの方も観客の息遣いを感じながらそれに合わせて反応を変えていきます。こういった部分こそがライブ・パフォーマンスの醍醐味です。今回はその醍醐味を、ご来場のお客様方には存分に味わっていただけたことでしょう。

また、ショウの合間にはやや長めの時間を取り、出演者とお客様との交流会を行いました。

以前友人らと自主公演を行った時、自分自身はショウをご覧になった方々と触れ合う機会が欲しいと思いましたし、観客の方々も出演者たちともっと話をしたそうに見えました。ですので後日、親しい知人のみに声を掛けて懇親会を開き、美味しい料理を食べながら、ショウの感想や今後の妄想を話しあったり、簡単なマジックのレクチャーを行ったりしました。今回は、その懇親会の内容をギュッと短い時間に押し込めてショウの間に挟んだ感じでしょうか。

「飲食を楽しみながらパフォーマンスを見る」「長めの休憩時間も楽しめる」というのは、このプロジェクトの名称の元となっている「ヴァリエテ」の特徴でもあります。「えん」さんは大変リーズナブルなお値段で会場を提供してくださった上、飲食物の持ち込みを快く了承してくださったので、お客様にとって手の届きやすいお値段設定にした上で、わずかながら「ヴァリエテ」の雰囲気も味わえる企画とすることができました。

フレンチドロップところで、交流会の最中、沙門さんはお客様の間をまんべんなく回って、実に休みなくマジックを披露し続けてくださいました。久しぶりにお会いになることのできたご友人が何人かご来場になっていたのですが、ゆっくり語りあうお時間もなかったかと思います。また、「お客様には手の届きやすいお値段設定」のために、沙門さんにはかなり良くない条件を呑んでいただいています。私が沙門さんにオカネにならない「仕事」を振るのは今回で実に3度め。せめてこの機会が未来の(儲かる)お仕事につながりますように。

マジックのパフォーマーがご入用の際は、沙門さんに直接お問い合せください

また、毎週火曜日、大阪の「フレンチドロップ」というマジックバーに出演されていますので、関西方面にお越しの際はどうぞお立ち寄りください。

各イベントのご案内をお送りしますので、ご興味ある方は是非当サイトにご登録ください

あなたのご利用になっているブラウザは、ちょっといただけないですね…
当サイトの快適な閲覧、ひいてはあなたご自身の利便性のために、
ホカのモダンで賢いブラウザのご使用を強く推奨いたします。
お使いのブラウザを最新版にアップグレードする
という方法もなくはないですが、オススメいたしかねます。

It seems you are using an outdated browser.
For a better experience using this site, and for your convenience,
I strongly recommend you to use the other modern and smart browsers.
You can still upgrade the one which you are currently using
but it is not the best way.