くりくりワールド

プロフィール

「くりくりワールド」は“ひろ“と“ゆみ“の2人からなるパフォーマンスユニット。子ども向けのステージを始め、伝統芸能である獅子舞・南京玉すだれ、マジックなど、多岐にわたる内容の公演を国内外のさまざまな場所で行っている。

2人でのユニットとして「くりくりワールド」の活動を開始したのは約15年前。それ以前はソロ活動が中心だったのだが、演技の幅を広げるために2人で力を合わせて活動することにしたところ、活躍できる範囲が徐々に増えてきた。ユニット結成後はとりわけ子ども向けのパフォーマンスの創作に力を入れており、近年は1年に一度の割合で新作を発表している。最新作「いなばの白うさぎ」は、舞台セットや小道具に和紙や水墨画を取り入れて日本神話の世界を表現したもので、好評を博している。

  • 東京の養成所で俳優の修行を積み、舞台俳優としての活動を開始。現在は特定の劇団に所属してはいないものの客演に出向くことも多い。舞台の裏方にも精通しており、名優・坂本長利氏の一人芝居「土佐源氏」の主要スタッフとして各地を巡っている。演劇以外の芸能にも幅広く手を染め、能楽・マジック等の稽古に足繁く通い、本業の方に少なからず生かしている。近頃はマジックと科学を組み合わせたサイエンスショーの演出にも関わっており、理系学部出身の才能を遺憾無く発揮中。

    ひろ
    ひろ
  • もともと声優志望で、声優養成所で訓練を積んだ後、何故かタレント活動をすることに。舞台俳優・裏方、声優・司会業・ナレーションなど、さまざまな職種を経験する。現在は「くりくりワールド」の活動に専念しているが、依然、影アナ、電話案内など声の仕事でも活躍している。声優養成所に所属する前は幼稚園教諭として働いていた。子ども向けの出し物を制作する際はその経験を生かし、話の組み立てを担当する。芝居の中で使われる歌の作詞作曲・歌唱も専ら彼女の役割。「くりくりワールド」のユニット名は、幼稚園教諭時代に子どもに付けられたあだ名「くり坊主」が由来。

    ゆみ
    ゆみ

公演情報

出演者詳細

あなたのご利用になっているブラウザは、ちょっといただけないですね…
当サイトの快適な閲覧、ひいてはあなたご自身の利便性のために、
ホカのモダンで賢いブラウザのご使用を強く推奨いたします。
お使いのブラウザを最新版にアップグレードする
という方法もなくはないですが、オススメいたしかねます。

It seems you are using an outdated browser.
For a better experience using this site, and for your convenience,
I strongly recommend you to use the other modern and smart browsers.
You can still upgrade the one which you are currently using
but it is not the best way.